タブラ奏者土谷章雄/Profile
Tabla Player Akio Tsuchitani/Profile

Top 横顔経歴 歴史構造 楽器紹介 奏法入門 講座案内 家庭音楽 記録動画 印象印度

Profile


◆1978年クレム・アルフォード氏よりシタールを習う。
◆1980年渡印。コルカタにてタブラをファルカバッド・ガラナ(流派)のプロノッブ・バッタチャリア氏に師事。翌年ベンガルTVの音楽番組でタブラソロを披露。
◆1986年には同ガラナの直系ウスタード・サビール・カーン氏にも教えを受け、即興演奏法を学ぶ。

◆1988年より、関西を中心に演奏活動を始める。シタール奏者のサンディップ・タゴール氏とはサンガム ・ミュージック・グループの一員として西日本各地を回って演奏を行った。
◆1994年に来日したウスタード・ザキール・フセイン氏からは貴重なアドヴァイスを受けることができた。

◆1997年の渡印では、タブラのほかにバンスリーをムクル ビスワス氏に学ぶ。
◆2006年にはサロードを世界的奏者のパルト・サロティ氏に習う。

◆1990年よりタブラ教室を開き、次代の日本人奏者の育成に努めると共に演奏活動を行っている。また、現在はインド音楽の「家庭音楽」としての有用性に着目。単なるエキゾチックなものに終わらないよう、日本文化が取り入れるべき重要な課題であると言う認識のもと、その実現に取り組んでいる。




ページ上に戻る

Topに戻る

お問い合せ